2013年05月31日

「(19) 活動的である/性格」


[性格]

活動的である。


性格 活動的である


[長所と傾向]

行動的、活発。

よく遊び、よく楽しむ。


[ないと、どうなる?]

消極的。

物事を楽しめない。


[ありすぎると?]

やりすぎて、問題を起こすことも。




子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方




活動。

活発に動くこと。

これも、子どもの頃は特に、評価されます。

でも、同時に、活発すぎると叱られる。


生まれ持った性格と、周囲の評価。

個性と、社会性。

したいことと、ルール。


これらの間で、自分をどこに置くのか?

これって、あんまし意識しないことかも。







[場合場合]

人はどこかで、決めつけてしまいます。

そして、世も人も、移り変わる。

時々は確認しないと、思ってたのと違うこともあるかもしれない。


した方がいいこと。

してはダメなこと。

しても問題ないこと。

それは、場合場合。

なので、確認、確認。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 06:59 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年05月27日

「(18) 創造的である/性格」


[性格]

創造的である


性格 創造的である


[長所と傾向]

何でも試してみる。

新しいことにチャレンジする。

好奇心旺盛。


[ないと、どうなる?]

何にでも、しり込みする。

ブレーキが強い。


[ありすぎると?]

何でもチャレンジするので、危ない目に遭うことも。




創造性とは何か(祥伝社新書213)




創造。

新しいものを初めて作り出すこと。

それまで無かったものを、生み出すこと。


好奇心。

めずらしいものや未知の事柄に対し懐く、興味や関心。


創造性は、特に小さい頃、評価されますよね。

でも、ブレーキがかからないのも危ないので、だんだんと制限される。







[場合場合]

チャレンジ。

それで得るものもあり、

それで失うかもしれないものもある。


現代の問題は、それを意識できてないこと。

両方の前提があっての、チャレンジだ。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 16:59 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年05月17日

「(17) 明朗快活である/性格」


[性格]

明朗快活である。


性格 明朗快活である


[長所と傾向]

明るく元気。

よく遊び、エネルギッシュ。


[ないと、どうなる?]

元気がない。

気分が沈みがち。


[ありすぎると?]

元気すぎて、逸脱することも。

遊びすぎる。

軽い。




読むだけで心に元気があふれる! 10のヒント (王様文庫)




明朗。

こだわりがなく、明るく 朗(ほが)らかなこと。

快活。

気持ちが明るく、元気なさま。


明るく元気なのは、基本的にはいいこと。

でも、どこでも元気なのは、どうだろう?


休み時間に元気なのと、式典などではしゃぐのは同じ?

また、元気にも微妙な違いがあって、

休み時間の元気と授業中の元気、そのカタチはちょっと違うみたい。


混同すると、シュンとすることになって、かえって元気がなくなる結果になるかもしれませんね。







[場合場合]

明るさや元気さも、場合場合。

無邪気にそうしていい場所もあれば、

ちょっと抑えた方がいい場所もあるようです。


そして、どっちにしろ、

いつもそうしていると バランスが悪くなる。


場合場合、

そして、メリハリ。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 18:32 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年05月14日

「(16) 感情をストレートに表現する/性格」


[性格]

感情をストレートに表現する


性格 感情をストレートに表現する


[長所と傾向]

感情や要求を、素直に表現できる。

感情表現に、ためらいがない。

ありのままでいられる。

のびのびしている。


[ないと、どうなる?]

何かにつけ、感情を抑圧してしまう。

表現が苦手。

窮屈に感じる。


[ありすぎると?]

思ったことを、ストレートに言いすぎる。

配慮に欠けるところがある。




感情表現辞典




それぞれに生じる心の働き、感情。

なかなか目に見えないので、表現しないと分からない部分があります。


大まかに分けると、感情表現がうまいタイプと、苦手なタイプがいるようですね。

前者は、あまり考えず、素直に表現します。

後者は、どちらかというと考えすぎで、それ故に窮屈になりがち。


あと、後天的に変わる場合もあるようです。

初めは素直だったけど、どこかで失敗し、それから素直でいられなくなったりする。

どこでも自由にすると、それはそれで問題となるので、難しいですね。







[場合場合]

そこではダメ。

その裏には、他では大丈夫という意味も。


それはいい。

その裏には、時には大丈夫じゃない場面があるという意味も。


場合場合。

それを知れば、けっこう自由にやれそうです。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 11:14 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年05月10日

「(15) 自由奔放である/性格」


[性格]

自由奔放である


性格 自由奔放である


[長所と傾向]

自分の心のままに行動できる。

何事にも縛られない。


[ないと、どうなる?]

思うままに行動できない。

我慢癖がある。

何かにつけ、不自由さを感じてしまう。


[ありすぎると?]

気ままになることがある。

ルールを破ってしまうことも。

配慮に欠けることがある。




マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…




自由奔放。

何にもとらわれず、自分の思うがままに振る舞えること。


ひとりの時は、こうありたいものです。

でも、社会で生きていく上では、我慢が必要。

それぞれが少しずつ我慢し、配慮します。

ただ、配慮ばかりだと、疲れてしまう。


どこでも自由にするわけにもいきませんが、

自由にできる場所も どこかに欲しいところですね。







[場合場合]

いつも自由だと、迷惑。

いつも不自由だと、しんどい。

どっちも、どっちも…。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 10:44 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム