2013年06月20日

「(25) 善行・ボランティアスピリッツの落とし穴/こころの処方箋」

河合隼雄 著「こころの処方箋」(新潮社)より。


<善は微に入り細にわたって 行わねばならない>


尊い行為である「ボランティア」活動。無償の奉仕活動。

でも、注意しておいた方がいいことも、あるようです。


ボランティアの基本は、「自主的」であること。

それはある意味、自分が好きで、そうすること。

でも、好きなことをするのは時に、近所迷惑になることがあるという。

特に善行だと固く信じている場合、近所迷惑を忘れがちになるといいます。


手伝いが、自立の妨げになることもあるという。

善い行いが、人の間に波風を立てることだってあるらしい。

何が起こるか、分かりません。


その時に大事なのが、「あれ?」と思えるかどうか。

様子がおかしいぞとか、何かへんだ、顔色が悪い、など。

そこで修正できる人は素晴らしいという。

逆に、いいことなんだからと頑なになると、物事は悪い方に行ってしまいがち。

なので、立ち止まることが大事になります。


これは、ウィリアム・ブレイクという人の言葉から、来ているらしい。

「他者に善をおこなわんとする者は、微に入り細にわたっておこなわなければならない」



どんなに善いことも、時には近所迷惑を気にした方がよさそうです。

特に、「人のため」にしていることは「人と関わり合っている」ことなので、人を無視すると危ない。

なので、人の顔を見ることを忘れてはならないようです。


善行無罪という感覚は捨て、ちょっとは疑問を持ちつつやるくらいが、いいのかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 10:01 | TrackBack(0) | こころの処方箋

2013年06月17日

「(24) よい子としてふるまう/性格」


[性格]

よい子としてふるまう


性格 よい子としてふるまう


[長所と傾向]

基本的に、従順。

場に適応する。

はみ出ない。


[ないと、どうなる?]

ルールを守らない。

度々、場を壊す。


[ありすぎると?]

過剰適応の裏返しで、すねたり、ひねくれたりすることも。




良い子のこころが壊れるとき (こころライブラリーイラスト版)




やさしい、よい子。

言うことを聞き、波風を立てず、場に適応します。

空気を読んで、それに従う。


でもそれは、自分を場に合わせること。

いつも、自分が折れること。

それがいつもだと、ポッキリいきそうですね。







[場合場合]

みんなの方に行くと、自分から離れそう。

自分の方に行くと、みんなから離れそう。

どっちかだけになると、バランスを崩しそうです。


空気も読みすぎると、つらいかも。


みんなに合わせることも大事。

自分の欲求に合わせるのも大事。

どっちも、どっちも…。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 14:46 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年06月13日

「(23) 自己主張が少ない/性格」


[性格]

自己主張が少ない


性格 自己主張が少ない


[長所と傾向]

自分の意見を、あまり言わない。

他人に依存する。

感化されやすい。


[ないと、どうなる?]

言いすぎると、自分勝手に。

他人の言うことに、耳を貸さなくなる。


[ありすぎると?]

自分では考えない、

自分で判断しない、

そんなクセがついてしまう。




「嫌われるのがこわい人」のための自己主張レッスン (PHP文庫)




自己主張も、慣れかもしれない。

慣れてれば、比較的、簡単。

逆に、慣れてないと、躊躇してしまう。


自己主張をタブーだとしてしまうと、なかなか、慣れることができません。

もし、強く主張するのが嫌なのなら、やわらかく主張する手も。

主張しても大丈夫なんだという経験が、大事なのかもしれない。







[場合場合]

やりすぎると、あきれられる。

でも、やらないと、何も伝わらない。

問題は、「やる・やらない」ではなくて、やり方かも。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 11:44 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年06月10日

「(22) 遠慮がちである/性格」


[性格]

遠慮がちである。


性格 遠慮がちである


[長所と傾向]

言葉や態度が控え目。

何をされても、黙っている。

感情表現が苦手。

忍耐強い。


[ないと、どうなる?]

遠慮がなく、がさつ。

言いたいことを言い、したいことをする。

相手や周囲の気持ちを察しない。


[ありすぎると?]

我慢しすぎて、疲れる。

たまりすぎると、爆発することも。




「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)




波風を立てないためには、遠慮することも大事。

でも、それが「いつも」になると、ちょっと困る。

気兼ねも過ぎると、ギクシャクする。

ずっと遠慮するということは、ずっと思い通りにしないということ。

ずっと思い通りにならないと、そのうち、まいってきそうですね。







[場合場合]

遠慮自体が悪いわけではない。

場合場合や割合を忘れるから、バランスを崩すだけ。

遠慮する場所、遠慮しないでいい場所。

両方あれば、幸せ。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 09:05 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム

2013年06月06日

「(21) 他者を優先する/性格」


[性格]

他者を優先する


性格 他者を優先する


[長所と傾向]

何かにつけ、周囲に合わせようとする。

協調性がある。

相手にゆずる傾向。

主体性に欠ける。


[ないと、どうなる?]

思いやりに欠ける。

自分が前に出過ぎる。

協調性がない。


[ありすぎると?]

自分というものがなくなってしまう。

判断しない癖がついてしまう。




自分がわかる909の質問




相手にゆずる心は、日本人らしくて、尊い。

でも、そればかりだと、犠牲が出そう。

他者を優先しすぎて、傷ついている存在はいないだろうか?


ゆずらないと、ぶつかってしまう。

でも、ゆずってばかりでも、問題は出てきそう。







[場合場合]

譲り合い。

それは、お互い様ということ。

こちらもゆずるけど、相手もゆずる。

お互い、お互い…。




タグ:性格

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 13:48 | TrackBack(0) | 性格 エゴグラム