2012年04月30日

「Q13 どうしても叩いてしまう/こころの子育て」


「Q&A こころの子育て 誕生から思春期までの48章」(朝日新聞社)より。


<ふたばのころ――誕生から小学校入学まで>


Q13 言うことを聞かないと、どうしても叩いてしまいます。

  → 親子だけで閉じてしまわない工夫や努力が大切です。



今の子育てで難しいのは、母親と子どもだけの閉じた関係が生じやすいこと。

昔だと、家にはたくさんの人がいたけど、今はそうではないことが多い。

ふたりきりだと、生じた感情がすぐに子どもに向けられてしまう。

家の構造、地域のあり方など、昔と比べて、閉じたものになっている。


だから昔に戻ったらいいとは言えないのが、難しいところ。

昔風の「みんな一緒で抜けられない」、そんな付き合いを煩わしく思い、それで人付き合いを避けてるところもある。

外に出るのは必要。でも、昔風は通じない。

人との付き合い方、地域や保護者間の連携、そんな中でどんな距離でどう付き合うか、練習が必要。


叩くでいえば、虐待にまでなっている場合は、専門家へ。

指摘されたりアドバイスを受けるというよりは、保護された空間で、中にあるものを徐々に出すといった感じで。





自分でありたい、でも、人とも居たい。

付き合いは必要だと思う、でも、あまり無理もしたくない。


個性やアイデンティティーの問題と、日本の文化の問題、いろいろ絡み合っていそうですね。

「抜けられない」「抜けにくい」「抜けたら文句を言われる」

こういうのはママさんグループでもあるし、会社でもありそう。

適応している人には問題ないし、大将になっている人は気分がいいけど、適応できない人は去るしかなくなる。

そんな状況でしょうか。


理想は、付き合いはするけど自分のことも大事にする。

集団も個人も、その時々で大切にする。

ただ、現実は、うかつに好きにすると孤立するし、自分を殺してばかりでは生きられないしで、難しいですね。

日本全体の問題であるような気がします。





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 19:51 | TrackBack(0) | こころの子育て
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55596953

この記事へのトラックバック