2012年06月28日

「Q27 いじめにあった時の対応/こころの子育て」


「Q&A こころの子育て 誕生から思春期までの48章」(朝日新聞社)より。


<新芽のころ――小学校時代>


Q27 子どもがいじめにあったときの対応を教えてください。

  → 冷静な判断と、絶対退かない毅然とした強さが必要です。



いじめを考える時、父性原理がすごく重要になる。

それは冷静に判断し、毅然として行動すること。

命が脅かされる場合もあるのだから、絶対守ると意志を強く持つ。


怒りに任せて怒鳴り込むのもダメ、相手を怒らせないようにとあいまいな物言いをするのもダメ。

絶対に退かないという強さで、物を言わねばならない。

またそれと同時に、話したことでどういう反応が生まれるかも考える必要がある。


時には、いじめられたと聞いて、その怒りを子どもにぶつけてしまう人がいる。

いじめられた上に親にまで責められたら、こんなにつらいことはない。

せっかく打ち明けてくれたのだから、よく話を聞くべき。


話半分で「分かった」と話をさえぎってしまうのも、よくない。

状況がよく分からないままに行動すると、かえってもめることになりがち。

じっくり聞いて、まずは全体像を把握する。


特に問題がないのに、その時の流れで標的にされることもある。

生き方が集団と合わないとか、そこにある文化との戦いになる場合も。

時には、子どもが加害者になることだってある。

その時もカッとならずに、よく話を聞くこと。

決めつけてしまわないこと。


いじめる側も、いじめられる側も、そこから脱け出す時は「こころのつながり」が必要だと、河合隼雄さんは言う。

それが命綱になるわけだから、普段からどんな風につながっているかと、考えていることが大事。





イジメって理由があいまいだったりするから、ダメなものはダメという父性の体現は必要かも。

理由はあってないようなもの、だから、しちゃダメなものはダメだとハッキリと示す。

ただ、大人が先走ると話がややこしくなるので、子どもに対してにしろ、先生に対してにしろ、まずは話をよく聞かないと分からない。

話を聞くにはエネルギーがいるけれど、大事な時にセーブしても仕方ない。

また、目につくものに当り散らすなど、エネルギーの無駄使いをするのも、もったいない。

毅然とした態度をとるには、そこに意志の力が必要。

知識でも感情でもない、しっかりした意志の力。


まずはしっかりと話を聞き、大人が先走らないこと。

全体を把握したうえで、毅然とした態度を。





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 13:15 | TrackBack(0) | こころの子育て
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56752234

この記事へのトラックバック