2012年08月27日

「Q43 強い絆と深い絆/こころの子育て」


「Q&A こころの子育て 誕生から思春期までの48章」(朝日新聞社)より。


<森へ>


Q43 親の話など聞いてくれず、絆が切れてしまったようです。

  → 強い絆よりも深い絆で結ばれることを考えたらいいです答え。



子どもとの関係を作る、それを考えるとだいたい、話をするとか、遊びに行くとか、そういうことを考えがち。

でも、河合隼雄さんが言うには、子どもが働きかけて来たときにスッと乗ることが大事だと。「ねえ」と話しかけてきたら、「なあに?」と返す。

話すにしても、遊ぶにしても、親が主導権をとってしまうと、どうしても義務的になってしまう。子どもの気持ちからはズレがちに。


河合先生曰く、絆とはどこかでつながっていること。

でも、それにはマイナス面もある。つながりも強ければ、束縛につながってしまう。

それは「絆し(ほだし)」であって、人の心や行動の自由を縛るものになる。

今、絆の薄さが気になるから絆の強さにばかり気がいくけど、そうすると絆(きずな)は絆し(ほだし)になりやすい。


なので河合先生は、「強い絆」より「深い絆」をすすめる。

絆の糸を長くして、ずっと深めていく。

すると相手は自由になって、遠くにでも行く。遠くには行くけれど、ちゃんとつながっている。

逆に短く強くする人は、結果として、相手をコントロールすることになるようです。


子どもが遠くに行くこと(自分の領域から出ること)を嫌う親御さんもいる。

それは子どものためといいながら、そのおかげで実は親の方が助かっている。支援などを口実に、実は親の方が依存している状態。


子どものすることにいちいち腹が立つのは、親が自分自身を生きてないから。

自分がしっかり生きていれば、子どもを見ても「ああ、生きてるな」と思える。

自分に好きなことがあれば、子どものすることを見ても「ああ、それが好きなのか」と思える。





「短く強い絆」と「長く深い絆」。すごく分かりやすかった。

前者だと、相手が自分の思い通りに動いてないとイライラしがち。

それが後者だと、相手は自由に動いていて、それでいてつながっています。

前者は強いけど硬い。後者は長くてやわらかい。


関係とか、絆とか、こういう考え方も大事ですね。

そして、いろんな問題の背景に、こういうことがありそう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 09:15 | TrackBack(0) | こころの子育て
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57811242

この記事へのトラックバック