2012年09月27日

「こころの子育て 目次」


「Q&A こころの子育て 誕生から思春期までの48章」(朝日新聞社)より。

それぞれの記事への目次です。



<木のある風景>

「豊かな時代の問題」
Q1 豊かな時代なのに、なぜいろいろ問題が起きるのですか?
  → みんながこころを使うことをわすれているからです。

「母子関係が原因?」
Q2 子育てがうまくいかないのは母子関係が原因でしょうか?
  → 原因がわかっただけでは何の解決にもなりません。

「子育ての不安」
Q3 子どもをちゃんと育てていけるかしらといつも不安です。
  → どういう子育てがいいのか、ぼくにもようわかりません。

「口うるさくなるわけ」
Q4 ついつい子どもに口うるさくなるのはなぜでしょうか。
  → お父さんが「お父さん」をサボっている証拠です。

「母性と個性」
Q5 「お母さん」になると「私」でなくなるようで怖いです。
  → その両方をどう生きるかが、その人らしさなんです。

「世の中は悪くなったか?」
Q6 いまは子どもにとって、悪い誘惑が多すぎませんか。
  → 誘惑に取り込まれない人間に育てることが大事です。


<ふたばのころ――誕生から小学校入学まで>

「赤ちゃんと母子一体感」
Q7 赤ちゃんにとって何が一番大切ですか。
  → 母子一体感、「守られている」と感じることです。

「子育てが嫌になったら」
Q8 子育てが嫌で仕方ありません。どうしたらいいですか。
  → そういう気持ちを、まずじっくり聞いてもらいましょう。

「親としてのカン」
Q9 いまの子育てで気になることといったら何でしょうか。
  → 親としてのカンを磨くのをサボりすぎていることです。

「イライラして叱ってしまう」
Q10 イライラして叱ってばかりいます。どうしてでしょうか。
  → 親が不安になっているか、ちょっと期待が高すぎるからです。

「手出し口出しする前に」
Q11 「早くしなさい」「それはダメ」と、小言ばかり言っています。
  → 手出し口出しする前に、五秒待って様子を見るんです。

「思い通りにならないのは」
Q12 思い通りにならないのは、育て方が悪いからですか。
  → 生きているんだから思い通りになるはずがないです。

「どうしても叩いてしまう」
Q13 言うことを聞かないと、どうしても叩いてしまいます。
  → 親子だけで閉じてしまわない工夫や努力が大切です。

「ボーッとしている時」
Q14 ボーッとしていることがよくあります。心配ないですか。
  → そのように見えるときこそ、こころが育っているんです。

「ストレス信号が出た時」
Q15 「ストレス信号」が出たときは、どうすればいいでしょう。
  → いつもより大目に見てやって、見守っていれば大丈夫です。

「甘えと自立」
Q16 甘えん坊なので「自立できないのでは」と心配です。
  → 十分に甘えさせてやったら、ちゃんと自立していきます。

「サンタクロースはいるか?」
Q17 「サンタクロースはいない」と、いつ教えたらいいですか。
  → わざわざ教えることはありません。自分で気がつきます。

「早期教育はプラスか?」
Q19 早期教育は子どもにプラスですかマイナスですか。
  → 就学前に大切なのは勉強ではない、自由な遊びです。

「死について聞かれたら」
Q18 「死」については、どのように教えるのがよいでしょう。
  → もう、自分が思っていることを言うしかないですね。



<新芽のころ――小学校時代>

「ほめるということ」
Q20 「ほめるのが大事」と言われますが、どうも苦手です。
  → わが子のよいところを五つ考えてみたらどうですか。

「自立と不安」
Q21 10歳なのに、ひとりで寝るのを嫌がるようになりました。
  → 自立は不安を伴います。親の後ろ楯を確かめたいのです。

「10歳の自我体験」
Q22 四年生のころから、描く絵がつまらなくなりましたが。
  → 「自分」に目覚め、おとなの真似がしてみたい時期です。

「子どもと動物」
Q23 子どもが動物を飼いたがるのは、どうしてでしょう。
  → 動物は親なんかより自由な生き方をしているからです。

「個室を与える年齢」
Q24 個室を与えるのによい時期というのがあるでしょうか。
  → 「わが家の憲法」で「個室は何歳から」と決めるんです。

「父親としての接し方」
Q25 父親として子どもにどう接したらいいのかわかりません。
  → 普段は「まるごとの自分」、怒るときは「雷のち晴れ」です。

「子どもが学校に行きません」
Q26 子どもが学校に行きません。どうしたものでしょうか。
  → せっかく行かないのだから「チャンス」と思ってください。

「いじめにあった時の対応」
Q27 子どもがいじめにあったときの対応を教えてください。
  → 冷静な判断と、絶対退かない毅然とした強さが必要です。

「個性とは?」
Q28 「個性」とか「個性的に生きる」って、どういう意味ですか。
  → 確実でないこと、数字に表わせないことに賭けることです。

「思春期までの貯金」
Q29 思春期までに親としてやっておくべきことは何ですか。
  → 「ああおもしろかった」という体験を貯金しておくことです。



<若葉のころ――思春期>

「無口になるわけ」
Q30 中学生になって急に無口になるのはどうしてですか。
  → 言葉にならないくらいのすごい体験をしているんです。

「子どものすることが受け容れられない」
Q31 子どもがしていることがどうしても受け容れられません。
  → そういう状況を、親も一緒になって作ってきたわけです。

「親の心と子の心」
Q32 同じ苦労を子どもにはさせまいという思いが通じません。
  → 「自分が考える幸福」を押しつけても役に立ちません。

「子が親と反対のことをするわけ」
Q33 子どもが親と反対のことをするのはなぜですか。
  → 親の盲点だからです。反抗なしの成長はありません。


「子どもが悩んでいる時」
Q34 子どもが悩んでいるとき、どうしてやったらいいですか。
  → 「さなぎ」の時期は、そっとしておくのも大事です。

「キレそうと言われる」
Q35 「キレそう」「カンケーねえよ」と言われてしまいます。
  → ただ怒鳴りあうのではない、「本当の対決」が必要です。

「相手の言うことを聞く」
Q36 思春期の子どもと対話するときのコツはありますか。
  → 「相手の言うことを腹を据えて聞く」という気構えです。

「校則は必要か?」
Q37 校則についていろいろ意見がありますが、必要でしょうか。
  → 規則の前に「ひと」が立っていれば、あって賛成です。

「反省癖」
Q38 実際に問題が起こってしまったら、どうすればいいですか。
  → 反省ばかりするのはやめて「これから」を考えることです。

「成績は幸せにつながるか?」
Q39 成績はよい方が、将来の幸せにつながるのではないですか。
  → 「何番か」でなく「どんな子か」で見ないと幸せは遠いです。

「母性と依存」
Q40 覚醒剤が中学生にまで広がっているのはなぜですか。
  → 母性が弱かったら他の物に依存するしかありません。

「昔の悩みと現代の悩み」
Q41 いまの子どもたちは、悩みなんかないみたいに見えますが。
  → 自分でもわからないほどの深い悩みを抱えていることもあります。

「心身症と文化の病」
Q42 このごろ心身症が多いそうですが、なぜですか。
  → 感情を抑えて知に走る現代に特有の「文化の病」なんです。



<森へ>

「強い絆と深い絆」
Q43 親の話など聞いてくれず、絆が切れてしまったようです。
  → 強い絆よりも深い絆で結ばれることを考えたらいいです答え。

「悩んで結論が出ない」
Q44 悩みはじめると迷ってばかり。さっぱり結論が出ません。
  → 葛藤を続けられるというのが「おとなの条件」です。

「夫婦と二本の杭」
Q45 衝突ばかりしていますが、親子の相性が悪いのでしょうか。
  → 夫婦で解決すべき課題がないか、点検したらどうですか。

「子育ての目標は?」
Q46 子育ては何を目標にしてやっていけばいいですか。
  → 「自分の人生を生きられる人間」に育てることです。

「子育てのゴールは?」
Q47 子育てにゴールがあるとしたら、それはいつでしょう。
  → 子どもが本気の恋愛をしたら、親の役目もひと段落です。

「家族で暮らすということ」
Q48 どうして家族が一緒に暮らすことが大事なのでしょう。
  → 家庭は受け容れがたいことを受け容れる「家族禅」の道場なんです。



<おわりに>

「自己実現と子育て(前編)」
  自己実現か? 自我実現か?

「自己実現と子育て(後編)」
  子育ては自己実現に近い。





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 13:48 | TrackBack(0) | こころの子育て
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58558774

この記事へのトラックバック