2013年06月20日

「(25) 善行・ボランティアスピリッツの落とし穴/こころの処方箋」

河合隼雄 著「こころの処方箋」(新潮社)より。


<善は微に入り細にわたって 行わねばならない>


尊い行為である「ボランティア」活動。無償の奉仕活動。

でも、注意しておいた方がいいことも、あるようです。


ボランティアの基本は、「自主的」であること。

それはある意味、自分が好きで、そうすること。

でも、好きなことをするのは時に、近所迷惑になることがあるという。

特に善行だと固く信じている場合、近所迷惑を忘れがちになるといいます。


手伝いが、自立の妨げになることもあるという。

善い行いが、人の間に波風を立てることだってあるらしい。

何が起こるか、分かりません。


その時に大事なのが、「あれ?」と思えるかどうか。

様子がおかしいぞとか、何かへんだ、顔色が悪い、など。

そこで修正できる人は素晴らしいという。

逆に、いいことなんだからと頑なになると、物事は悪い方に行ってしまいがち。

なので、立ち止まることが大事になります。


これは、ウィリアム・ブレイクという人の言葉から、来ているらしい。

「他者に善をおこなわんとする者は、微に入り細にわたっておこなわなければならない」



どんなに善いことも、時には近所迷惑を気にした方がよさそうです。

特に、「人のため」にしていることは「人と関わり合っている」ことなので、人を無視すると危ない。

なので、人の顔を見ることを忘れてはならないようです。


善行無罪という感覚は捨て、ちょっとは疑問を持ちつつやるくらいが、いいのかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン




posted by 南方城太郎 at 10:01 | TrackBack(0) | こころの処方箋
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69724640

この記事へのトラックバック